学ぶ

大戸のサクラ

大戸のさくら

大正時代のはじめ頃には枝が大きくはりだし、その広さは300坪(1000平方メートル)も あったといわれています。水戸黄門で有名な水戸光圀公も、鑑賞したと伝えられています。  現在は、全株の根元の周囲は7メートル、高さ約15メートルです。 昭和7年(1932)7月23日、国の天然記念物に指定されました。 現在も、花の咲く4月中旬には遠方からの観光客が訪れています。

所在地

茨城県東茨城郡茨城町大戸1539

指定

種類

天然記念物

茨城町のイベント情報
茨城町の観光マップ
茨城町のおすすめ観光スポット
茨城町の紹介
茨城町のボランティア
涸沼フォトコンテスト