タグ別アーカイブ:

大戸のサクラ

大戸のさくら

大正時代のはじめ頃には枝が大きくはりだし、その広さは300坪(1000平方メートル)も あったといわれています。水戸黄門で有名な水戸光圀公も、鑑賞したと伝えられています。  現在は、全株の根元の周囲は7メートル、高さ約1[…]

続きを読む

小幡北山埴輪製作遺跡

小幡北山

小幡北山埴輪製作遺跡は、埴輪という焼物をつくっていた工場の跡です。材料の粘土を掘った跡、埴輪の形を作ったり、保管していた建物の跡、埴輪を焼いた釜の跡が見つかっています。なかでも、釜の数は59基と全国で1番多く、平成4年([…]

続きを読む